u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

スポンサーサイト 

熱帯魚 

最近、更新が遅れてます。申し訳ありません。仕事が混んでて落ち着いて作業できないのが大きな理由ですが、最近ハマったのがコレ。ホームアクアリウムです。いや、最初は子供が夏祭りで買ってきた金魚から始まって、ビニール袋のままにしておくのはチョット。。。というところから始まって。ネオンテトラが主なんですが、ヤマトヌマエビというエビもいます。やり始めると、水質管理や水温管理、水草や流木の配置・レイアウト、エサ...
Read More

Ferrari 126C2 #17  

モノコック内部はこれで完了となります。前回からの追加点としては、消火器にバンドを巻きつけた表現を0.2mm厚の鉛板を細切りにしたもので行いました。もう一つはリザーバータンクのパイピングの追加です。これでモノコック上下を貼りあわせ、ヨロイを接着します。今度はモノコック上部にある給油口廻りのパーツ。fmdのディテールアップセットからキットと同形のエッチングパーツ(以下、EP)とレジンパーツの組合せで表現しますが...
Read More

Ferrari 126C2 #16 

メーター廻りを仕上げていきます。全体をシルバー(アルクラッド/POLISHED ALMINIUM)で塗装した後、マスキングしてセミグロスブラックを塗りますがマスキングの際、私が好んで使っているアイテムがあります。ガイアのフィニッシュマスターです。メーカーではスミ入れの拭き取りや汚し表現に使うことで紹介されていますが、私はそれよりもマスキングでキワを押さえつけたい時や、デカールを貼る時の綿棒代わりとして使うことが多いで...
Read More

Ferrari 126C2 #15 

この時期湿度が高く塗装がし辛い日が続いていましたが、モノコック内部と自作パーツの塗装・取付けを行いました。以下、塗料メーカー略A=アルクラッドC=クレオスF=フィニッシャーズ<モノコック内壁><ペダル>POLISHED ALMINIUM(A)改良したペダルも取付け、いい感じになったと思います。<消火器>ファンデーションホワイト(F)→リッチレッド(F)シルバー部はSTAINLESS STEELデカールはHIQパーツのNCデカール05からそれっぽいヤツ...
Read More

Ferrari 126C2 #14 

モノコック廻りパーツ制作の続きです。ダンパーユニットを作ります。まずは画像の位置に3mmプラ棒を角度を見ながらナナメにカットして接着。中心に1.5mmの穴を開けて軸が挿せるようにしておきます。左右のバランスを見ながら位置出しは慎重に行いました。ダンパーユニットの構成です。(使用材料)・3mmプラ棒から削り出し(テーパー付)・コトブキヤの丸ノズル(S) ※要穴開け加工・洋白線 1.5mm×約1cm長・φ0.7の黒ワイヤー洋白線...
Read More

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。