u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

スポンサーサイト 

F12Berlinetta #8 

このダッシュボードのパーツ、なんとか苦労してここまで塗り分けてあるのですが、完璧とはいきません。ここらへんをどうにかカーボンデカールを貼ってタン色との境界を隠してキレイに仕上げたいのですが、形状が複雑でどうやって型紙をとっていいのやら・・・最も難しそうな中心部(3連の吹き出し口周辺)から攻めてみます。実車では画像のようなところにカーボン素材が使われています。奥まったところまで貼り込めるような型紙作...
Read More

F12Berlinetta #7 

久々の更新です。年明け早々の連日夜勤で疲れきったところにインフルエンザにかかってしまい、すっかり模型から遠ざかっていたので広告が表示される始末に・・・申し訳ありません。本当は先週アップする予定でしたが、制作の都合で遅れました。というわけで、とりあえずベルリネッタです。バスタブ構造の内装は、シートの座面と一体成型されていました。一旦塗装はしてみたものの、シート座面の側面との間が非常に狭く、黒とタン色...
Read More

F12Berlinetta #6 

エンジンが完成しました。前回説明した方法で鋳造表現を行ってあります。今回は試験的な意味合いが強いですが、こんな方法もどうでしょうかという提案です。なるべくブツブツが均一になるようにしたつもりですが、場所によってはきちんと行き渡っていないところもありますね。どちらかというと、カムカバーの方がうまくいっているように思います。カラーについて記しておきます。(C)=クレオス、(G)=ガイア、(F)=フィニッシャー...
Read More

F12Berlinetta #5 

広告が表示される前に更新しておきましょうヽ(´ー`)ノエンジンのヘッドカバーは鋳造表現が必要となるのですが、ショップをうろうろしていたらこんなものが目に入りました。タミヤの情景テクスチャー、砂 ライトサンドです。文字通り、砂の表現に用いられる塗料なんですが鋳造表現するのに使えるかもと思い、試しに買ってみました。セラミックの粒子が混入されており、ザラついた質感を再現するにはうってつけの素材と言えると思い...
Read More

F12Berlinetta #4 

台風が接近していて雨の日が多く、湿度も高めなので塗装はおあずけ。その間にエンジンの整形作業をすることにします。まずはゲート跡や中央に走るパーティングラインをスポンジヤスリで消して整形していきます。整形後。排気管にあまり太さがないのでヤスリがけの際、力をかけすぎて折らないよう注意します。インストでは、片側3つの排気管パーツを重ねて組み合わせてからエンジン側に取り付ける指示になっていますが、先に排気管...
Read More

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。