FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

RedBull Racing RB6 #2 

実に4ヶ月超ぶりの制作記事です。
RB6の制作を進めています。




RIMG0768.jpg
カウルの大半にヤスリがけを行ったところです。最終的にカウルを閉じた状態で展示するか、カウルオープンできるようにするかは決めていませんが、オープンにした時のことを考えてエンジン廻りは最低限の塗装くらいはしておくことにします。









RIMG0770.jpg
リアウイング翼端板の内側は計11個の押し出しピン跡があります。カーボンデカールやスポンサーデカールを貼らなければならないので、数が多いですがパテ埋めして処理しておきます。









RIMG0769.jpg
精度の高いタミヤということで、カウルもパチピタのハズだったんですが、リアカウルA5・A6を指示通り左右貼り合わせておいたものがモノコック側のカウルと若干合わず、一度剥がしてやり直してみたものの、歪んでしまったのか最初から歪みがあったのかどうか分かりませんが、多少引っかかるので強引に手曲げで修正しています。部分的に白化して見えるのはそのためです。
これでジャストフィットしたのはいいのですが、塗膜の厚みを考慮した調整をしておく必要がありますね。









RIMG0773.jpg
エンジン〜後方にかけては一体ですでに塗装まで済ませてあります。黒はフィニッシャーズのカーボンブラックマット、シルバーはクレオスのスーパーチタン(SM05)です。キメが細かくてすごくいい色です。








RIMG0771.jpg
意外とこの塗り分けは大変でした(>_<)








RIMG0772.jpg
排気管はブラックを塗装後スーパーチタンをまず塗装し、エキゾーストマニホールド(アルクラッド)、クリアーイエロー(クレオス)、タミヤのウェザリングマスターDセットの青焼け等を使い、焼けの表現をしておきました。


フロアも塗装が終わっており、付属のカーボンデカールを貼っている状態です。
この辺りは次回ということで_φ(・_・
スポンサーサイト



Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.