FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

Ferrari 126C2  #3  

エンジン廻りの製作を始めます。fmdのエッチングパーツを使いディテールアップしていきます。


排気管はロングビーチ仕様では画像のような半円状の受けが出ていないようなので削り取り、エッチングパーツに置き換えた上で、引っ込めた形で取り付けることにします。これが正しいかどうかは資料が乏しいので分かりません。








画像にある1枚の板を排気管に沿うような半円状の受けに加工しますが、短い方にRをつけて曲げなければいけないので非常に難しいです。
とにかく焼きなましで上手くいくかやってみます。エッチングはステンレスですし、鈍るのかどうかよく分かりません。
とりあえずライターで真っ赤になるまで炙り自然冷却させました(炙ると色味は非常にいい感じになります)。
長いものにRをつけるのは簡単ですが、短いものをパイプ状に丸めるのは非常に難しいです。
手持ちの道具ではあまり上手くいきませんでした。








そこで急遽、道具を買いに走りました。購入したのはWAVEのラウンドノーズプライヤー。
掴みながら丸めていく必要があるのでこのような工具を選びました。








掴み部が円錐状になっているので、これなら傷をつけずに調整しながら曲げ加工ができそうです。








下手ですが、なんとか加工してこのような形でセットすることにします。真鍮線(0.5)は仮留めです。







ファイル 2016-04-08 0 30 11
エンジンブロックも塗装に支障のない程度で組み立ててしまいます。エッチングパーツ、どんどん使います。
シルバー系のパーツはできるだけまとめて塗装したいので、組めるものは組んで合わせ目の処理等をしておきます。
スポンサーサイト



Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.