FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

BMW M6 GT3 -2016 spa.24- #2 

明けましておめでとうございます。
今年もスローペースですが、のんびりやりたいと思います。

写真 2018-01-08 22 44 29 
本当にのんびり過ぎて申し訳ないのですが、現在表面処理と端部のバリの処理やってます。黒サフを吹いて一枚めくった様な状態です。ボディは大方終わりましたがボディラインを崩したくないので、ややこしい所はやってません。
黒サフはちょっと分かりにくい。やっぱりグレーサフの方が分かりやすい。一旦黒サフは落とします。





写真 2018-01-08 22 46 06 
あと、全く合わなかったリアのバンパー部分のパーツは手曲げでなんとか修正(バキッといきそうで怖かった)。それでもボディ側との接着しろの厚みがあるために合わせても一段出っ張った状態になるので、削りまくってどうにかツライチにしました(左が少し浮いてますが、接着すれば大丈夫です)。
このキットは噂通りかなり修正や整形を必要とするようです。






ロールバーなんかも全周にバリがありますので、見た目処理が大変そうですが、これはカンナがけの要領でやればそれほどメンドいもんでもなかったです(画像は外周処理済み)。





次に気になるのは、ボディの前後パーツを接着してもシャーシをはめることができるか。また、内装パーツなどがボディに干渉して浮き上がったりしないかを確認したいと思います。
ボディに干渉しそうなパーツのみを取り出して仮組みしていきます。
まずはシャーシ。
写真 2018-01-06 23 40 40 
ガイドピンか?と思ったら、押し出しピンそのものでした。ピン跡、ではなく。これはカットして処理します。





写真 2018-01-08 22 34 24 
細かいパーツは抜きにして、ボディと干渉しそうなパーツだけ組んでみました。パーツが合わないとか致命傷になりそうなものはありません。むしろ、ピッタリ組めます。悪い噂ばかりが先行していますが、パーツ同士が当たる部分をヤスリで丁寧に整えれば大丈夫です。
今のところは、です。



写真 2018-01-08 22 33 08 

写真 2018-01-08 22 57 47 
この排気管のパーツは2分割されていますが、接着してしまうとボディにはめることはできないと思いますので、シャーシ側とボディ側に分けて取り付けた方が良さそうです。あと、端部が薄く見えるように加工する必要もあるでしょう。右側にもあります。





写真 2018-01-08 22 54 10 
シャーシとボディをセットしてみました。先にフロント側をはめてから少しスライドさせてリア側をはめるとうまくいきます。ですので、ボディ前後のパーツは接着してしまっても問題なさそうです。かなりいい感じです。





写真 2018-01-08 22 56 41 
内装のロールバーが干渉してシャーシが浮く、ということもありません。問題なし!実車同様、剛性が上がりそうな気がします(笑)





写真 2018-01-08 22 56 22 
エアダクトのパーツ位置もズレることはありません。内部もしっかり見えるので、きちんと塗装した方がいいですね。



いやー、悪いイメージばかりが先行していたので逆に驚きましたね。中には合わないパーツもあると思いますが、そこは楽しんで工作して修正していけばいいのではないでしょうか?
工作の心得がある方なら直せるレベルだと思います。少なくともやる気がなくなる精度ではないでしょう。
次回ももう少し検証していきたいと思います。

スポンサーサイト



Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.