FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

FW16サンマリノGP #30 

引き続き、ボーテックスジェネレーターです。型取りまで終わっていますので、VGの形になるよう進化させます。

バキュームした型に型紙を貼っていきます。上になる部分と下になる部分両方が必要なので、型紙を両面貼ります。
p51.jpg
慎重に貼らないと後でズレが生じますので、自分の目を信じて左右対称を確かめておきます。


p48.jpg
ざっとですが、切り出しました。ここでバキュームをかけた後のプラ板の厚みについて考えてみます。
正直、以前、色んな厚みで試験的にやってみましたが、厚みが均一になるかどうかとかよりも出来上がった時のパーツの強度的なことの方を気にしていたので色んな厚みを試した上で感覚的に最適な厚みを選択していました。

1mm以下のプラ板と言えば、一般的に流通しているのは0.5mm、0.3mmと半分~半分以下の厚みになるので、成型後はかなりペラペラになってしまい、整形もし辛いため1mmのプラ板でバキュームし、薄さは後で調整する方がよいと判断しました。


p49.jpg
実際にどのくらいの厚みになるのかノギスで計測してみました。
パーツの底になるところは、0.55mm~0.6mmでした。

p50.jpg
そして、上になるところは少ししか薄くならず、0.8mmでした。

という事は、元のプラ板の厚みから薄いところで、50%~60%、厚いところで約80%になるということです。
では、厚みに違いができてしまうのはなぜかを考えてみますと、バキュームする際、置いた原型の一番高い所はあまり薄くならないようです。多分、プラ板を熱してドーム状に垂れ下がった時、一番下になる所にプラが集中し、ある程度の厚みを保ったまま原型の上に乗せるため、原型の頂点周辺は厚みが残るのではないかと思います。


p52.jpg
というわけで、整形して完了です。フチはうすうす攻撃で対処しておきました。


p53.jpg
なかなか上手くいったと思います(^o^)


p54.jpg
これで、実車と変わらない形状になったと自負してます(^^)d
パーツとしては翼端板と一体化する予定ですが、ウイングとの兼ね合いがあるので一旦置きます。


p55.jpg
次は、ウイングの形状について考えてみます。
上段になるウイングは平面的で弧を描くラインも少し違うように思います。

DSC_0291.jpg
セナ車ではありませんが、これを参考にします。


p56.jpg
また、ノーズコーン側根元にあるディテールは実車には存在しないような気がします。ハッキリと写った画像がないのでなんとも言えませんが、少ない資料を見てもあるようには思えませんので削り落とします。


p57.jpg
とりあえず、自分のイメージに沿うようにラインを変更してみました(右側)。ガーニーフラップなんかのディテールも一旦削り落としてあとで再生することにします。
形状はまずまずの感じですが、やはり平面的なのが気になります。


p45.jpg
FW14Bのウイングが使えると聞きましたので、フラッと模型店に入ってみたら在庫処分扱いで安くなっていたので買いました。


p46.jpg
このパーツです。


p47.jpg
FW16のものと比べると、立体的でうねりもあります。不要な部分は削るなどしてこれを使うことにしましょう。
スポンサーサイト



Comment

Name - OHGE  

Title - 

〉DENDOHさん

わざわざありがとうございますf^_^;)
大丈夫デスよ。十分意味は伝わっておりますので、あまり気になさらないで下さい。
ダブってるコメ、1つ削除しておきますね(*^_^*)
2012.09.11 Tue 06:54
Edit | Reply |  

Name - DENDOH  

Title - 

なんだか変な連投になってしまっていました、すいません。お手数ですが片方削除して構いませんので!

と自分のコメントを読んだら、「そんなこと言ったって1mmは俺は使わない」と言う意味にも取れそうで、、、こっちもすいません。この記事を読まなければ1mmプラ板を手にするまで時間がかかると想像できるという意味でした。

自分の文章力が情けないです、、、
2012.09.10 Mon 21:54
Edit | Reply |  

Name - OHGE  

Title - 

>正さん

ありがとうございます(*^_^*) 
そう言えばテールランプなかったですねw 必殺技で自作するプランが頭にはあったんですが、14Bのが使えるんなら使おっと☆

残るは翼端板なんですが、これもまた難しい。キットを利用したいところですが、前後長はもとより後方が端折られているので再現せざるを得ません。
試練の連続ですわ~((+_+))アノ形状をどうやって再現すればいいのか、今だに悩んでいます。
2012.09.10 Mon 13:56
Edit | Reply |  

Name - 正  

Title - 

おつかれさまです。
バキューム後の厚み等の検証、大変参考になりました。
VGの形状もエクセレント! これはもうドヤ顔でしょ? (^ ^)

FW14B買っちゃいましたか!(しかもお買い得)
各パーツをご覧になられたら、再現度がFW16とは雲泥の差で高いことがわかると思います。(イージーミスもありますがw)
他にも、テールランプとか移植できそうですね。
2012.09.10 Mon 12:58
Edit | Reply |  

Name - teru  

Title - 

ご術力…技術力の誤記ですた…すんまそん…

バキュームフォームは結果だけが掲載されているのではなく、その過程まで記事にしてくれてあるのがとっても親切に感じます。
ググればバキュームフォームの詳しい説明は見つかると思いますが、やはりお仲間のブログで紹介されているとグッとハードルが下がる気がする身勝手なおいらです。

ここだけのお話しですがおいらもMP4/4参戦しますよw
途中で我慢ならないことがあれば別ですが、現在はやる気満々です。

そちらでも色々と情報交換、助言など宜しくお願いしまする。
2012.09.10 Mon 11:17
Edit | Reply |  

Name - OHGE  

Title - 

>teruさん

術力だなんて、めっそうもないです(^_^;)私はプロでもなんでもありませんし、逆にみなさんのブログを見たりしてマネすることや勉強することも沢山あります。

今回のこのパーツについてはこのキットで一番手を入れたいと思わせたところでもあります。調べていくうちにVGを完全再現できれば・・・という思いだけでここまできた、という訳です。

バキュームフォームが初めてという人にもできるだけ敷居が高く感じないように記事を書いてみたつもりでしたが、いかがだったでしょうか(*^_^*)
2012.09.10 Mon 09:36
Edit | Reply |  

Name - OHGE  

Title - 

>DENDOHさん

ネット販売ですか・・・(←イヤイヤ、何考えてんのw)そんな、クオリティーと呼べるほどのモンじゃないですよ(^_^;)ただ、拘りだけは持っていたいなと思ってやってきただけです。
工作関係はこのフロントウイングまでとなりますので(多分w)、これからもお付き合い宜しくデスm(__)m
2012.09.10 Mon 08:57
Edit | Reply |  

Name - teru  

Title - 

ものすごい拘りと分析力、そしてそれらを形にしてしまうOHGEさんのご術力にただただ感心してしまいます。

OHGEさんの製作するMP4/4に興味が高鳴るなりますが、このような分析力をお持ちのの方にDe社の模型が満足出来るか…
ちょっと不安が残るのも事実です。

バキューム…おいらも挑戦してみたいっ!
2012.09.10 Mon 07:50
Edit | Reply |  

Name - DENDOH  

Title - 

なるほど、結局引き延ばすから厚いの使った方が良いんですね。僕がバキュームするか!となった時に多分1mmプラ板は手に取らないでしょうw引っぱり距離も色々関係しそうですが厚い方から試した方が良さそうですね。面白いデータありがとうございました。

バキュームVGはネット販売できそうなクオリティですね!
2012.09.10 Mon 00:41
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.