FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

De社 MP4/4 #3 

ブレーキディスクを少し弄ります。
RIMG0293.jpg



パーツに塗装されている色合いは悪くないです。
RIMG0294.jpg
ただディスクを貼り合わせると当然合わせ目ができますので、一旦塗装を落とすことにしました。
ところが、なかなか塗装が落ちない!こういう商品の塗装って特殊な加工がされているんでしょうか、うすめ液に浸していても溶けてくれません。長時間漬けたくなかったので、一旦中止。




RIMG0296.jpg
ネットで調べてみると、ホームセンターやカー用品店で売っているガソリン車用の水抜き剤はイソプロピルアルコール(IPA)が成分とされており、これに浸しておくと、塗膜が剥がれるようになるらしく溶けるわけではないので長時間漬けていてもパーツには何ら問題ないとの情報を得ましたので、早速やってみることにしました。200円以内で買えます。
鉄模モデラーの間では割とポピュラーらしい手法ですが、IPAが99%以上のものが望ましいとのこと。
でも、買いに行くと何%か書いていないので分かりませんでした。防錆剤入りとなっていたので、きっと99%ではないと思いましたが、それしかないので仕方なく買いました。




RIMG0295.jpg
丸1日経過した状態ですが、変化なし(>_<)というか、自然に剥がれるのではなくこすり落とさなくてはいけないみたいですが、歯ブラシでこすってもほとんど落ちません。何日もかかる場合があるらしいですが、せっかちな私は即中断。IPAが99%以上でないことが原因の一つかも知れません。もう少し探してみます。




RIMG0297.jpg
とりあえず、今回は薄め液で筆で洗うようにして落としました。
あ、左側のブレーキパッド、右のものに比べて一回り小さいと思いませんか?実は、何を血迷ったかなかなか塗装が落ちないのはもしかしてウレタンクリアーでもかかっているのかと思い、試しに影響の少なさそうなブレーキパッドをウレタンシンナーに漬けてみたらものの数秒でメルトダウンし始めたので、ヤバい!と慌てて救出しましたが、ご覧のように小ちゃくなってしまいました┐('~`;)┌
アホですな。あとで、プラ板足して出来るだけ同じような大きさになるよう戻しておきました。ま、全面見えるようなパーツでもないので助かりましたが。




RIMG0299.jpg
ブレーキディスクを貼り合わせて隙間を黒瞬着で埋めて均しました。さらにベンチレーションの左右にリブがあるので、これはスジボリで表現しました。




実車はこうです。
34.jpg

28.jpg
ブレーキキャリパーのチタン色はパーツのような光沢はないですね。マットなチタンという感じ。




RIMG0301.jpg
また中心付近の孔は塞がっていたので、1.3mmピンバイスで開孔。
まだやりたいことはありますが思案中ですw
それにしても、なかなかの再現度だと思いますよ、デアゴさん(^_^)/~~
スポンサーサイト



Comment

Name - OHGE  

Title - 

コメありがとうございます(*^_^*)
どこまでを弄るかの見極めがキモとなりますね。いいものはわざわざ触る必要はないですし、必要以上に弄るとクドくなったりバランスが破綻する恐れがあるのでその辺り、1/8というスケールが初めてなので難しい気がします。

あ、私なんかよりもっと勉強になるブログ沢山ありますよ?(^_^;)まあ、コイツはこんなやり方するのかーくらいの気楽なノリでお願いしますw

それにしても、工作にかかる前に塗装剥がしに苦労しますね。コレ。teruさんはどうしてたんたっけ?と、もう一度見直して逆に勉強させてもらおうっとw
2012.10.01 Mon 13:11
Edit | Reply |  

Name - teru  

Title - 

おっ!弄り始めましたね。
現在までのパーツ支給ですとまずはこのブレーキ回りに手を加えてみたくなります。
ディスクの合わせ目消しとリブの彫り追加でかなり質感が向上しますね。

この後、OHGEさんがどのように料理していくか非常に興味があります。

おいらMP4-23の製作にもう少し時間がかかりそうなのでOHGEさんのブログを見て勉強し、
戦略を検討したいと思っておりやすw
2012.10.01 Mon 09:45
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.