FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

De社 MP4/4 #5 

リアウイングのフラップが気になって寝れないので確認してみたいと思います。
RIMG0032.jpg
なんちゃって翼○くんでしっかり挟んでできるだけ垂直・水平になるようセットします。




RIMG0033.jpg
フラップはどちらか片側に寄せて隙間がないように揃えます。これで反対側を見ると・・・




RIMG0034.jpg
やっぱり隙間ができます。特に2枚目のフラップはダボが見えています。見た目0.3mmくらいの隙間ですが。
単純に寸足らずということもありますが、端部でわずかに直角が出ていないのも原因かと思われます。




RIMG0036.jpg
裏側から見てもやはり隙間があるので、私の勘違いではなさそうです。上段のフラップにも僅かな隙間が見られますが、気になるほどではありません。削って揃えるか、幅増しして揃えるかのどちらかですが、左右幅がアンダートレイにセットされた時に合わなくなっては困るので今は調整しないことにします。
もし、弄り倒す方はチェックの対象にした方がよさそうだということで。





RIMG0037.jpg
ところで、塗装を気にするのはまだ早いのですが、バルケッタさんよりMP4専用の塗料として発売されている蛍光REDを入手しましたので、以前から持っていたフィニッシャーズのMP4 REDと比較してみたいと思います。
蛍光REDは1コートで仕上がるタイプに対してMP4REDは2コート。専用のREDをベースに蛍光ピンクを重ねることでマルボロレッドを表現できるようになっています。




これらをサンプルピースに吹き付けます。どちらも下地にサフ後、フィニッシャーズのファンデーションホワイトを吹いてあります。簡単にそれっぽくマスキングして雰囲気を出します。
RIMG0038.jpg
まずは、MP4RED。ベースとなるMP4REDを吹きます。画像はオレンジかかって見えますが実際はほとんどソリッドの赤に近いです。




RIMG0040.jpg
この上から蛍光ピンクを重ねます。ネオンのような非常にきれいな蛍光塗料です。




RIMG0042.jpg
重ねるとこんな感じです。ものすごく変化が分かりにくいです!少量吹き付けたくらいでは変化があるのかないのか分からないので、ドバ吹きしてやっと違いが分かるようになりました。
こちらは少し赤味の強い、キリッとした感じでマルボロレッドにふさわしい色になっています。




RIMG0043.jpg
一方、こちらがバルケッタの蛍光RED。朱色に近い感じでMP4REDに比べるとオレンジ寄りの色合いですがこの色も全然アリです。どちらも甲乙つけ難いですね。




RIMG0041.jpg
翼端板の色とそれぞれ比較してみます。一見すると、ほとんど違いがないように思えますね。というか、どちらと比較しても色味の差が少ないように思います。角度によってはどちらにも似ています。
デアゴのマルボロレッドもそのままでも全く問題ないくらいレベル高いですよ。コレは。
私の個人的な好みで言うと、フィニッシャーズのMP4REDが好みですね。

もし、全塗される方はご参考までに、ということで。
スポンサーサイト



Comment

Name - OHGE  

Title - 

>ようさん

ご訪問頂きましてありがとうございます♪( ´▽`)
私の場合、超スローペース&マイペースでやっていますんで、いつ完成するか分からないんですけど、その分できるだけ詳しく過程をお見せしているつもりですので、ご興味がありましたらまた見てやって下さい。根気のある人だけが結末を見れるという特典付きです(;^_^A

もし、聞いていみたいこととかありましたらどんな内容でも結構ですので、気軽に書き込みしてみて下さいね。
2012.10.13 Sat 20:38
Edit | Reply |  

Name - よう  

Title - 

はじめまして!お邪魔します(^0^)
ブログに足跡を残して頂いていたのでお伺いしましたが
デアゴのMP4/4もすごいことになりそうだし
あのFW16もすごいことになってるし、で興奮してます☆
模型制作はド素人なので、
聞いたこともないようなカスタマイズに
関心しきりです。m(__)m
制作記、楽しみにしています♪
2012.10.13 Sat 14:39
Edit | Reply |  

Name - OHGE  

Title - 

そうですね~カーナンバーやスポンサーロゴをどちらの手法で割り切るか、リアルさを追求すれば経年変化に不安が残りますし、耐久性を重視すればリアルさが犠牲になるわけで・・・痛し痒しですね(^_^;)

模型誌でも過去にこの問題にどう対処するかが載っていましたが、結局は完成形をどの方向に持っていくかで割り切るほかないという結論になっていない結論でしたwクリアかけた後にまさかマスキングして艶消し・・・なんて恐ろしい作業はできませんしね((+_+))

そういう意味ではデカールの輪郭を出来るだけトリミングして貼りっぱなしで完結させるというのも潔い方法だと思いますね。

模型の表現において、ツヤあり・なしが混在しているこういった仕上げが話題に上がるようなモデルの場合、デカールを提供する側にも工夫があってもいいような気がします。

スライドマークもいいですが、こういったキットに限っては別の方式を採用してほしいもんです。貼りっぱなしでも耐久性や剥がれにくさを実現できるのであれば、悩まずに済むわけですから。

ミューコレでよく見かけるハクリデカールというものがありますが、一般的なデカールとは違うのでうまく貼ればカッティングシートのような仕上がりになるそうなのでこういったタイプのものが出ればいいのにと思います。1/20用MP4向けもあるみたいです。

ただ、ハクリデカールってなかなか難しいらしいです。貼った後にクリア層(ニス)を剥がすんですが、うまくいかないとデカールまで持っていかれてしまうことがあるようです。また、スライドマークに比べると伸びや曲面に追従しにくいなどのデメリットもあるようですので、こういった問題を解決してくれる画期的なデカールが開発されるといいですよね。
2012.10.11 Thu 12:47
Edit | Reply |  

Name - teru  

Title - 

更に詳しいレビューありがとうございます。

やはり一枚だけ少々短いようですね。
おいら本日入手予定ですので、その辺りを踏まえて仮組みしてみます。

マルボロレッドについての検証も大変興味深いものがあります。
F社のMP4レッドの色味は気になっていました。あまりDe社のものとは大きく異なる事がないようですね。
とは言え、おいら基本水性塗料で塗装しているのでマルボロレッドについては
市販色がほぼ使えませんが…

ところでOHGEさんはスポンサーロゴの貼り付けをどのように考えますか?
実車のMP4/4はクリアの上に艶消しのスポンサーロゴが抜き文字で貼付けられていますよね?
これを模型で再現するか否かで手法が大きく異なると思います。

模型的見栄えや耐久性を重視しクリアでオーバーコートするか。
1/8という大スケール故、リアルさを追求しクリア後にスポンサーロゴを貼りつけるか。

大きな悩み所です…。
2012.10.11 Thu 09:35
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.