FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

De社 MP4/4 #16 

0.1mmのアルミ様、ご到着ですw

RIMG0303 (640x480)
ネット注文時のプロセスがうまくいかず、注文ボタンを2回押してしまったようです。同じものがもう一つ来てしまいました。2枚入りなので1つあれば十分なのですが。。。ま、いいか。




RIMG0305 (640x480)
1つ開けてみると、2枚入りのはずが3枚入っていました。ラッキー。クッキー。





RIMG0304 (640x480)
そして、こちらラジエターコア量産治具“なみいたくんver.2”でございます(^_^;)。なんかどっかで聞いたようなネーミング。試作品のような雰囲気バリバリですが。。。使い勝手は良好ですよ。

ただ、波板をセットする溝の幅を決めるのが難しかったです。ver.1では0.75mmでした。今回は少し余裕を持たせて0.9mmにしています。それ以上ではうまく圧縮できずグチャグチャになってしまいますので。
また、ver.1では本体にストッパー代わりの真鍮板を直角に固定していました。そうすると、溝の幅が極端に狭いために取り出す時に引っ張り出すようにするので多少変形してしまっていたのですが、このver.2ではそれをなくし、代わりに周りを囲うことで取り外しできるようにしました。





RIMG0307 (640x480)
では、やってみましょう。真鍮よりも軟らかいので簡単に圧縮できます。力も全くいりません。







RIMG0310 (640x480)
圧縮できたら本体を取り外し、波板をトコロテンのように押し出します。これで変形もありません!ヤッター!





RIMG0311 (640x480)
押し出された状態のものがこれです。やっぱ、この場合は素材の色を活かした方がよさそうですね。






RIMG0312 (640x480)
そして、少し広げてやろうと両端をもって軽く引き伸ばしてみたところ、予想外のことが起きました。
素材の持つ金属としての粘りというか弾性の違いか、真鍮の時は伸ばしても割と均一な間隔で広がってくれるのですが、アルミはなぜかそうはなってくれずナゼかバラバラ・・・あちゃー、、参りました。何かいい方法・・・探してみます。一難去ってまた一難。




どうでもいいけど、この記事見てMP4/4作ってるとは到底思えませんね(?_?)
スポンサーサイト



Comment

Name - OHGE  

Title - 

>正さん

コメントありがとうございます。
いやあ、なかなか一筋縄ではいかせてもらえないようです;^_^A
“引き伸ばさない方法”を思いついたので、脳内モデリングでは完成してるんですけど現実は少しギャップがあるようでして…w只今、悪戦苦闘しております(>_<)
2013.07.14 Sun 18:44
Edit | Reply |  

Name - 正  

Title - 

おつかれさまです。

こういうトライ&エラーって、見てておもしろいですね。
(無責任ですみません (;^_^A )
でも、やってるほうも楽しかったりしませんか?

OHGEさんがどう切り抜けるのか、興味津々ですよ。
2013.07.14 Sun 12:55
Edit | Reply |  

Name - OHGE  

Title - 

>teruさん

嬉しいコメントありがとうございます。そうですね、試作だけでも結構消費しそうなのでたくさんあっても困りませんね。

アルミに変えるだけで量産すればいいやと思ってましたが思わぬトラップが潜んでいました(^o^;)
対策ですか…?一応思いつきましたよ♪上手くいくか分かりませんがwヒントは引き伸ばさないということですかねf(^_^)
2013.07.13 Sat 19:58
Edit | Reply |  

Name - teru  

Title - 

ありゃありゃ…アルミと真鍮では弾性が異なるので、真鍮で成功したことがアルミでも成功するとは限らないみたいですね。

でもOHGEさんの頭の中では既に対策案が浮んでいるでしょ?
次の記事が楽しみです。

アルミ板ですが、少々頼みすぎたとお思いでしょうが、実はすぐに無くなりますよ。
この波型でフィンを再現すると一段分でもかなりの長さが必要となります。
試作で何本か作って、本番ではラジエター2枚分で計70本以上ですし途中で何本か失敗はしてしまうでしょう。更にインタークーラ―2枚とオイルクーラーがありますから。
おいらはラジエター2枚で1.8枚分位使っています。まぁ失敗作もたくさんありましけど。


いよいよ『U.K. MODELING』から目が離せなくなってきました。

確かにこの記事だけではMP4/4どころか模型を製作しているようには見えないかもしれません。でも、こういう記事って大変参考になります。
おいらももっと製作段階の事を細かく書かないと読んでくれている方に伝わらないかと反省しました。

2013.07.13 Sat 17:52
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.