FC2ブログ

u.k. modeling

u.k.(紆余曲折)すぎるモデリング日記

F12Berlinetta #4 

台風が接近していて雨の日が多く、湿度も高めなので塗装はおあずけ。その間にエンジンの整形作業をすることにします。


RIMG0619.jpg
まずはゲート跡や中央に走るパーティングラインをスポンジヤスリで消して整形していきます。








RIMG0623.jpg
整形後。排気管にあまり太さがないのでヤスリがけの際、力をかけすぎて折らないよう注意します。








RIMG0625.jpg

10209181z5_20131024162252246.png
インストでは、片側3つの排気管パーツを重ねて組み合わせてからエンジン側に取り付ける指示になっていますが、先に排気管どうしを組み合わせるとエンジン側の取付穴に合わせることが非常に難しくなるので、1パーツずつエンジン側へ木工用ボンドで仮固定しながら、パーツを重ね合わせて円状にまとまる箇所で接着・固定して決めた方がまだしもやりやすいです。
それでもこの3つのパーツはただ重ねるだけでなく、少しもぐりこませたりしながら組み合わせなければならないので結構ややこしいです。









RIMG0628.jpg
ちなみに、3パーツ合わせた断面形状はこうなります。インストのように真円には到底なりません。まあ、丸いパーツ(E13,E14)を付けてしまえば分からなくなるのでOKですが、凹凸は当然合わないので削ってフラットにしておきました。








Ferrari-F12-Berlinetta-engine.jpg
実車画像。キットの排気管を見た時、なんか細いなあと思ったんですが実際も太さはない印象です。









RIMG0633.jpg
3パーツが固定できたらエンジン側で固定した木工用ボンドから剥がして完了です。これで不安定だった排気管を一まとまりにできてなおかつエンジン側との位置決めもバッチリというわけです。
スポンサーサイト



Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © u.k. modeling All Rights Reserved.